転職志望の薬剤師

薬剤師は潜在的に転職希望者が多いといわれています。それはなぜしょうか。大学病院や製薬会社に職を得ることができるのは、薬学部で学び、資格を得た薬剤師のごく一部です。そこでは経験を重ねるとともに、専門性の高い業務につくこともでき、昇進の可能性も視野に入れてやりがいを見出すことができます。一方、現実にはその他の多くの薬学部卒業生は、薬局やチェーンのドラッグストアに就職するといわれています。薬局での薬剤師の仕事は、たとえ資格保持者しか行えない調剤の業務だとしても、新人とベテランとの間に業務内容や、資格、収入に大きな差がありません。経験が浅くとも、長年勤めていても、日々同じ業務をこなすという点であまり差がないのです。ドラッグストアにいたっては、薬以外の商品管理や、レジ打ちなどの客対応にいたるまで、雑用も含めてすべてこなさなくてはならず、しかも一人だけの職場ということもめずらしくありません。せっかく、薬学部で専門の知識を身につけ、資格を得たにもかかわらず、その資格を存分に生かしきれない上に、業務内容が変化に乏しいので、やりがいを見いだしにくいのが現状です。したがって、就職したものの、現状に満足できず、できれば転職をしたいと望んでいる薬剤師が多数いるのです。また、薬局やドラッグストアは、職場の人数が少ないので、人間関係が良い分には安泰ですが、ひとたびこじれてしまうと、精神的ストレスが大きくなり、転職を希望する大きな要因となりやすいのです。このような理由で、薬剤師はもともと転職希望者が多い職種といえます。

 

【参考】
ご参考までに、薬剤師の求人を専門に掲載しているサイトです → 薬剤師 求人

転職志望の薬剤師

薬剤師の現状 では、実際の薬剤師の求人状況はどうなっているのでしょうか。実はまさに今が転職のチャンスといえます。2006年にこれまで4年制だった薬学部が6年制になりました。それにともない、2011年と2012年の薬学部新卒生がいなくなる事態が起きたのです。当然2年間新卒を採れなかった薬剤師・・・ >> 詳細はこちら
薬剤師転職のコツ まさに今が転職のチャンスの薬剤師ですが、現実には大学病院や製薬会社など人気の求人に関していえば、すでに2012年春の6年制の薬学部新卒者で埋まってしまっています。それでも転職の機会を狙っている人や、今より少しでも条件の良いところを希望している人は、薬剤師専門の支援サイトに登録・・・ >> 詳細はこちら